フレームの選び方

メガネと顔のバランス

自分に似合うメガネを選ぶ場合は、いくつかポイントがあります。メガネの縦幅の大きさは、眉から顎にかけての長さの3分の1を目安にすると良いでしょう。黒目の位置は、レンズの中央、または少し内側に入るのがポイントです。黒目の位置が上の方にずれている場合は、鼻の高さに対してメガネの鼻幅が広く、逆に下の方にずれる場合は、鼻の高さに対して鼻幅が狭い可能性があります。また、外側にずれている場合は、メガネのサイズが小さい、逆に内側にきすぎてしまう場合は、大きすぎることが考えられます。このようにまずは、顔の幅や鼻の高さといったサイズ感を意識しながらバランスを意識して選んでみるようにしましょう。鼻の高さや幅を調節する場合は、鼻パッドタイプを選ぶのがおすすめです。

メガネのフレームの選び方

メガネフレームにはさまざまな種類がありますが、輪郭に合わせて選ぶことで似合うメガネを見つけやすくなります。直線的な印象が強い四角顔の場合は、曲線的な印象のオーバル型やハーフリムを選ぶことで柔らかい印象を与えることができます。縦長の印象が強い面長の方は、ウエリントンのような縦幅があるものを選ぶことで、顔の長さを目立たなくすることができ、小顔効果にも繋がります。曲線的で横幅の印象が強い丸顔の方は、直線的なラインが特徴のスクエア型を選ぶことで、すっきりとした印象を与えバランスを取りやすくなります。顎がシャープな三角顔の方は、オーバル型やハーフリムなどを選ぶことで、フェイスラインを綺麗に見せることができます。このように、自分の輪郭を把握して選ぶことで、どんなフレームが似合うのかがかわかりやすくなります。

眼鏡を初めて作るときは、専門店か眼科に行く必要があります。より早く作るためには、専門店に行くのがよいでしょう。その場ですぐに作ることができます。