メガネ専門店の選び方

認定眼鏡士がいるところを選ぶ

メガネ専門店を選ぶ際には、眼鏡鑑定士がいることを重視すると良いでしょう。眼鏡鑑定士とは、指定されたメガネの教育機関を卒業した上で、試験に合格したメガネの専門家です。メガネに関するひと通りの知識を持っているため、どのようなフレームを選べばよいか、どういった機能のレンズが合っているかという相談がしやすいです。

また、メガネのフレームは、個人の顔に合わせて調整する必要があります。その調整次第で、メガネがずれにくくなったり、レンズが持っている機能を最大限に発揮できたりします。眼鏡鑑定士は、そのメガネの調整に関する技術も持っているため、快適な着け心地を実現しやすいです。したがって、メガネを使用していて、少しの不快感も抱きたくない人は、眼鏡鑑定士のいるメガネ専門店を選びましょう。

アフターメンテナンスのために立地も大切

メガネ専門店を選ぶ際には、通いやすいことも考えましょう。メガネは使い続けていくと、少しずつ劣化していきます。特にメガネフレームは、ツルの部分が広がって、顔にフィットしにくくなります。そのため、購入したメガネ専門店で、定期的にメンテナンスをしてもらうことが大切です。また、落としたり踏んだりして、メガネが破損してしまった場合も、修理のために購入したメガネ専門店に持ち込むことになります。

そのようなメンテナンスやトラブル対応のために、すぐに足を運べるよう、通いやすいメガネ専門店を選んだ方が無難です。片道数時間かかるようなところだと、時間や交通費がもったいないという理由で、メンテナンスが疎かになりかねません。したがって、定期的にメンテナンスを受けるために、近い立地であることも重視しましょう。

視力矯正に使うめがねは、まず度数が合っていなくてはなりません。更に顔の形や横幅、黒目の位置とのバランスを考え、デザイン的にもその人の魅力を引き出してくれる製品を選びます。